06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

titi

Author:titi
「titiのいえの楽しいこと」へようこそ!
埼玉県出身で、2010年5月まで東京で食に携わる仕事をし、いまはパートナーの転勤で兵庫に移り住んだ、37歳の食いしんぼう日記です。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国って、たのしい!

2010.07.30 12:34|
3泊の韓国旅行から昨日帰ってきました。
韓国には高校の修学旅行で行ってからだから、15年以来。
修学旅行のとき「これが最後の韓国旅行になるだろう・・・」と思った。
・・・本当につまらなかったからだ。
たぶん、あの修学旅行をともにした友人達はほぼ全員、同じ思いだったに違いない。

あれから15年の韓国。今回は、超、楽しかったのである。
韓国料理はおいしいし、洋服はかわいいし、そしてすべて安い。
韓国のひともとっても親切だったな~。また行きたいな~。

ソウルはハンガン(漢江)という川から江北と江南でエリアが別れているらしく、いま江南が熱いらしい。
なかでも、街路樹通り(カロス-ギル)という通りや、狎鴎亭洞(アックジョンドン)の辺りがおしゃれエリアということで、行ってみた。
うん、おしゃれね~。
代官山とか、銀座とか、を彷彿させる感じ。だけど、そんなに高くない。
ちょうど夏のSALEをやっている時期にあたったようで、2千円ぐらいのワンピースやシャツをいくつかゲット。
いいね、韓国は。
でも、江北エリアの賑わいもエネルギッシュで楽しい。
明洞も楽しかったし、東大門にあるクァンヒ市場では、革製品が超安かった。
だんなは、渋めの羊皮ライダーズジャケットを値切った末、17,000円で手に入れ、満面の笑み。

旅ではもちろん、醍醐味であるグルメも堪能。
3食の食事のほかに、間食も食べた食べた。
写真はおやつのビビンパプ。食いしん坊が混ぜる混ぜる。
今度は1泊2日とかで、気軽に行きたい。
でないと、とめどなく太る気がする。

ビビンパプ
スポンサーサイト

なんだ、ちみは

2010.07.23 16:34|生活日記
今日、にぼしの処理中、胴体の長い別人を発見。
「な、なんだ、ちみは!?」

かたくち おっさん

左がかたくちいわし。右がなぞの乾物。。
歯にはギザギザのキバがあり。
乾かされるとき「かわくちいわしじゃあ、ねえよ!」と叫んでいたに違いない。
彼(彼女)の無念に手を合わせる。


先週の連休中にpaoちゃんと会いました!
竹の子の缶詰など、たくさんのお土産をいただきました。ありがとう。
さっそく竹の子ごはんを作りました。
竹の子、おいしかったよ~、paoちゃん。

缶詰 竹の子ご飯

そうだ、京都へいこう

2010.07.19 11:35|
三連休の初日、電車に乗って京都へ。
一時間の電車の小旅行。
しかし、暑い。梅雨が明けた空はギラギラなのであります。

京都のお食事をいただいたあと、だんなにつきあい幕末ミュージアムへ。
そのあと清水寺へ。たぶん、中学の修学旅行以来の清水寺。美しい。

清水寺


八坂神社は夜がきれいと聞いたので、夕方、清水寺から歩いて坂を下ります。
ほどなく道路が封鎖され、警官もたくさん出てきて、がなんだか厳戒態勢に。
そしたら馬に乗ったこどもを筆頭に、御輿がおりてきた!
これだったのね。神幸祭というらしい。
山鉾巡行をおえて、神様が御神輿に乗って祇園へ降りてくる、ということだそう。
偶然とはいえ、巡り会えてよかったな。

祇園祭

出汁について

2010.07.14 18:06|おいしいもの
やや煎りすぎちゃった煮干しでも、充分おいしい出汁がとれました。
いつもよりアクが少なかったような・・・気のせいかな?

出汁がちゃんととれていると、何でもおいしく作れる気がしてしまうから不思議だ。
言ってないから無意識だろうけど、ちゃんと取った出汁で作るお味噌汁は、だんなも、なんと、一気飲みしている時がある。
やはり、おいしいのだ。

出汁というのは、昆布と煮干し(ないし、かつお節)のバランスがポイントらしい。
昆布のグルタミン酸と煮干しのイノシン酸のうまみ成分が相乗効果を発揮する割合で、出汁を取ることが大切だとのこと。
「1リットルの水に、昆布が5g、煮干しが30g」
これがベストだそうな。どうせとるなら言いつけを守っておいしくとりたい。

煮干しについて

2010.07.11 11:18|生活日記
煮干しと昆布で出しを取ります。
なぜかというと、簡単で、おいしいという理由からです。
煮干しと昆布を瓶に入れ、水を注いで一晩冷蔵庫に入れておけば出汁ができています。

ただ、ものすごく面倒なことがひとつ。
買ってきた煮干しの頭と内臓を取る作業。
こんなに便利な時代なのに、スーパーにはすでに処理してある煮干しがない。
取っておいちゃ問題があるのか?
仕方ないので、買ってきたら、全ての煮干しの頭と内臓をとり、煎ってから保存します。
昨日は煮干しを煎りすぎた。ちょっと、こんがりだ。
つまみにはいいんだろうが、出汁にしたらどうだろう?
今晩のお味噌汁が、ちょっとたのしみ。

煎る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。