11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

titi

Author:titi
「titiのいえの楽しいこと」へようこそ!
埼玉県出身で、2010年5月まで東京で食に携わる仕事をし、いまはパートナーの転勤で兵庫に移り住んだ、37歳の食いしんぼう日記です。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年の大晦日@兵庫西宮なう

2010.12.31 23:29|生活日記
28日から、我が家の大黒柱は冬休み。毎日一緒に近所を散歩したり、兵庫の見知らぬ街へ訪れてみたりと活動的に過ごし、今日は朝からおうちを大掃除。年末はそんなことをしているとすぐ過ぎるのである。

私の住む街には、全国的に有名な西宮神社がある。
あの日本一の福男を決める徒競走?が行われる神社です。
こちらに引っ越してから、はじめて西宮神社の中に入り、お参りに。
とっても広い敷地で、とてもきれいに整備された神社。

2010122914270000.jpg


2010122914320000.jpg

2010122914340000.jpg


2010年は忘れられない年になった。

今年、自分が好きで選ひ6年弱務めた会社を退社して、新たな地・兵庫に移り住みました。
引っ越したのはいいけれど7月ぐらいから体調を崩し、あらゆる検査を受けて8月末、なんとなんとこの健康体なわたしに脳腫瘍が見つかった。
9月に手術。良性の腫瘍とはいえ、手術の甲斐なく腫瘍を取りきれていないことがわかり、実は今月12月に再度手術。
1年で2回の手術で、きれいさっぱり腫瘍を取り去ることができた。よかった。

がんばれたのは、応援してくれた家族や友人。
私がいままでの人生で得た宝物だと思います。
2011年のたくさんの経験から学んだこと。今後の人生に活かして、より豊かな2011年に

もうすぐ、2011年。
来年も、どうぞよろしくお願いします!
スポンサーサイト

パエリア・・・?

2010.12.23 21:34|お料理レシピ
きょうはクリスマスを意識しつつ、休みだねってことで、自宅パーティーごはん。
玄米でパエリアを作ってみました。鍋で作ったもので、なんとなく・・・炊き込みごはん風?あれ、パエリア風?
なんだかわからなくなったけど、おいしかった。

パエリア?


きょうはハレの日ってことで、菜食はおやすみ。
パエリアには海老もアサリも入っています。
パエリアの隣にあるのは、じゃがいものグラタン。これが、かんたんでおいしい!
ぜひおためしを!



[recepi:じゃがいものグラタン]

■材料

じゃがいも     2個
ベーコン      1枚半
生クリーム(35%) 80cc~100cc(少なすぎなければ、適当で大丈夫!)
塩、こしょう    適量
チーズ       お好みで少量(きょうはエメンタールとパルメジャーノを使用)


■作り方
1.じゃがいもは皮をむき、1cm程度のスライスにして、耐熱容器にならべる。
 ふんわりラップをして、電子レンジで4分加熱。
2.ベーコンは1.5cm幅に切り、かるく湯がいてから水気をしぼり、1の上にちらす。
3.生クリームを2の上にまわしかける。
4.塩こしょうを3に強めにふる。
5.220度に予熱をしたオーブンで10分焼く。
 取り出してチーズをのせてオーブンに戻し2分程度焼けばできあがり!

うれしすぎる出来事がありました

2010.12.18 19:11|生活日記
夏にお世話になった病院で。
久しぶりに会った看護師さんに「titiさん!やせましたよねー!?若者体型してますよ」と、言われ上機嫌に。
そして、話の中で「titiさんって、何歳なの?」と聞かれ、33歳だと告白した折りには「えー!20代かと思った」と。

ちょちょいと、看護師さん。
お世辞とはいえ、ひとをこんなに浮かれさせてはいけない。
人妻を浮かれさせると、その夫は夜、受かれ話に耳を貸さないといけなくなったりするんだよ。

きょうはそれだけの話。すみません。
いまだにゆめここちなのであります
あはは!

あと、いくつ寝るとお正月?

2010.12.17 09:53|生活日記
お正月が待ち遠しい。
1年で1度、晴れ晴れしい気持ちになれるイベントで、お酒をたくさんのんでも白い目ではみられないし、ずっと寝てても「まあまあ」と大目に見てもらえたりする気がする。
思うがままに新年を迎えられる、という点で、今回我が家はどのように過ごすのか?というところでわくわくしてしまうのである。


いまは、頭の半分は年賀状に夢中。今年は友人用は手書き部分を増やしてデザインを施した。
お年賀も、かわいらしく「いろどり年賀」という色付きのものにして、我ながら「かわいい」なぞとむふむふとしている。

それと、あとの半分は年越しと元旦のお料理に夢中。いつもはぺらぺらと書店で素敵な写真を眺める程度の気品ただよう雑誌、婦人画報を奮発購入。あれやこれと、楽しいお正月を夢見ているのであります。

思い起こせば今年の5月まで働いており、前職では小売りという商売柄、クリスマス~初売り~バレンタインまで本当に忙しく、今年のような、このようにお正月を晴れがましい気分で迎えることなんかなかったんだった。
なおいっそう幸せをかみしめて、あと10日あまりを幸せに過ごすことにします。

ぎんなん

2010.12.12 17:44|生活日記
ぎんなんが家にたくさんありすぎて困っている。
旅行先で目に飛び込んできた八百屋のぎんなんに反応し、大袋を買ってしまったのが原因だ。
いくらなんでも、ふたり家族でこんなに食べられまいという量に途方に暮れる。
そうこうしているうちにダメになってしまう気もして、意を決してペンチを握ったのでありました。

P1010977.jpg


大量にありすぎるこのぎんなんは、半量は冷凍用に塩ゆでに。半分は食べるごとにレンジでチンに、ということで当家の仕分けが決定。
ぎんなんがこんなに面倒くさいものだなんて、はやく知っていたらよかった。食べるときのありがたみがちがう。なぞと、面倒くささを紛らわせるごとく思いを巡らしているうちに、ようやく半分の殻をペンチで割った。
地味な作業だし、においがよくない。

でも、どうだろう。
色鮮やかにゆでられたぎんなんは、きらきらと元気に目に飛び込んできた。
やった甲斐があった気がしてきたそんな午後。
お正月料理はぎんなんづくしだな。


P1010984.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。