07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

titi

Author:titi
「titiのいえの楽しいこと」へようこそ!
埼玉県出身で、2010年5月まで東京で食に携わる仕事をし、いまはパートナーの転勤で兵庫に移り住んだ、37歳の食いしんぼう日記です。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんだか秋が、待ち遠しい

2011.08.30 18:00|生活日記

昼間は暑いのだけど、朝はなんだかさわやかになってきた今日このごろ。


さわやかなのが秋っぽく、なんだかうれしくて朝から行動的に。

家の中をバタバタと動き回り、こんどは外へ。
ふだんあまり乗らない自転車に乗ってみる。
なんだか、気持ちいい!

久しぶりにアミーンズオーブンにいって、パンを買った。




P1020936.jpg



きょうのパンは、くるみバンズ。
この間からつくりはじめた豆乳ヨーグルトを一晩水切りして作ったクリームをつけてみる。

ふむ、ふむ、ふむ。
酸っぱすぎないやわらかなクリームは、なんともさわやか。
自分でつくっておきながら、豆乳からできているとは、びっくりだ。


これからはじまる秋がとてもたのしみ。
このクリームに、蒸してホクホクの栗を入れてみたりしたい。
りんごをソテーして入れてみたりもしたい。

勝手にしてくださいってかんじだけど、わたしは、秋がすきなのです。
スポンサーサイト

緑のやさいで

2011.08.29 15:30|お料理レシピ

最近、冷蔵庫の野菜室を開けると、緑色の野菜がびっちり。

大葉、ピーマン、ズッキーニ、アスパラ、おくら、レタス、セロリ、キャベツ・・・。
緑じゃないのは、にんじんとトマト、それからごぼう。以上。


もっと野菜室をカラフルにしなくては!

そのまえに、野菜室にある緑を減らそう。





P1020929.jpg



■おくらとアスパラのにんにく炒め

和にも洋にも合うお総菜。
冷めても意外においしい。
かんたんなのに、みんながおいしい。便利なお総菜




[材料]
おくら   1パック(ヘタをきれいにとる)
アスパラ  2、3本(長さを4cm程度にカット)
にんにく  1/2片(薄くスライスする)
オリーブオイル  大さじ1/2程度
塩     適量
醤油    香りづけにちょろっと

[作り方]
1.フライパンにオリーブオイルとにんにくスライスを入れ、弱火にかける。
2.沸々とオリーブオイルが温まり、にんにくから良い香りがしてきたら、強めの中火にして、
  おくらとアスパラを加え炒める。
3.しっかりめに塩を振り、全体的に炒まれば醤油をフライパンにちょっとだけ垂らし、
  フライパンを数回あおって、器に盛りつければ、できあがり!

人生、なにがあるかわからない

2011.08.28 21:00|生活日記

関西に越してきて1年。

こちらでのわたしの暮らしは、以前とは比べものにならないぐらいゆっくりしています。
まだ関東で働いていたときは、毎日時間に追われていたように思います。
いえに帰ってもゆっくりする時間がなく、いつも寝ることにせかされていたっけか。


ここ数日、関東で暮らす友人や、依然仕事を一緒にしていたお仲間から、
久しぶりに連絡をもらう機会にめぐまれました。

みんなそれぞれ仕事やプライベートでがんばっていて、聞いているとたのしい気分になる。
そう昔のことでもないのになんだか1年前の暮らしが、別世界のようにも思えます。




P1020884.jpg



あたまもないくせにキャリア思考で、仕事も強気でのぞむタイプ。
負けず嫌いの情熱家。自分でもめんどくさいタイプだと思います。

それで、自分で言うのもなんですが、こころが強すぎてカラダの悲鳴が聞こえないタイプでもあります。
だから、体調を崩すときはいつも突然いつも強烈で、よく救急車にお世話になりました。

あれは、なんだったのか。
いま思うとそう思います。
自分が自分に残酷だった気もするし、とっても素敵な日々だったようにも思えます。



そんなことを、パンにピーナッツペーストを塗りながら考える。
そんなことを、あんこの豆乳オレをつくりながら考える。
そして、おやつを食べながら考える。

なんと、のんびり。
なんと、のんき。

ブルマンヨーグルト

2011.08.25 09:00|生活日記
ブルマンヨーグルト、つくりました。

マルサンの有機無調整豆乳1リットルに種菌を入れて、パックを振り振り。
きのうの晩に専用のウォーマーを巻いて8時間。
朝起きたら、できてました!ヨーグルト。



P1020924.jpg



いわゆるふつうのヨーグルトより酸味がすくなく、かなりあっさり。

後味には、ヨーグルト特有のさわやかさが残って、豆くささもなく、おいしい!
これなら毎朝たべられていい。


きょうは、できたヨーグルトの水切りも準備して
大黒柱の朝食、豆乳バナナシェイクにもちょっといれて
わたしの朝食に、フルーツとクルミをいれて。

豆乳1000ml。
飲むのたいへんだけど、ヨーグルトだとすぐになくなる気が。



ブルマンヨーグルトで、腸が美人になりますように。



仙太郎のぼた餅

2011.08.23 16:30|おいしいもの

何度もいいますが、あんこが好きです。


そんなわたしが、好きでときどきたべたいなー、と思うもの。
それは、仙太郎のぼた餅。

きょう百貨店で通りすがり、たまたまおととい食べたいと思ったのを思い起こし
さっそく、お持ち帰り。



P1020919.jpg



もち米をやさしく包む京都・丹波の小豆を使ったあん。
もち米に混ざる丹波の青じそのさわやかさ。

うんうん、最高ね。



しかしながら、近ごろ。

砂糖たっぷり使うお菓子やパンを食べる機会がだいぶ減ったせいで
外でいただくデザートやケーキなどが、ものすごく甘く感じるようになった。

おいしいけど、甘すぎる。甘すぎるけど、おいしい。・・・。
なんか、複雑な気分。
とかいって、けっきょく完食する食いしんぼうの自分。

わたしったら・・・おもしろい。


自分でつくったら繊細さに欠けるものができそうだが、こんど作ってみようかな。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。